墓の最新情報について

生涯を終えた人が入る墓ですが、それが現在さまざまな形で変わってきています。
墓に変わった部分について書いていきます。
まずは墓というのは土地を借りたり、買ったりすることで、そこに作ります。



非常に費用も掛かったりしますが、場所が遠いというケースも多くあります。
せっかく作っても訪れるのが年に数回行ける人や、数年に一回という人などさまざまです。



これは作った場所が遠すぎる為に、訪れる機会が少なくなったり、新たな家庭を持つことで時間が取れなかったり理由は色々とあります。

しかしこれでは高額の費用を出して作った意味というのがないです。
そこで最近では都心で墓を設けるというケースが増えてきています。




これは土地などを有して建てるのではなく、納骨のみをして、訪れた時に移動式で出てくるという仕組みです。

固定した場所はないものの、都心にある為に行きやすいというメリットもあります。行ける頻度が少ないよりも、高い方がいいという場合にはこちらを選ぶ人も増えてきています。

こちらの方式は、機械で全自動で行う為に余計な手間というのが必要がないので、好きな時に行けるというのが利点の一つです。



次に墓というのは、石に名前などが彫ってあるものがほとんどです。

しかし最近はそのようなものだけでなく、さまざまな形にして残すというケースも増えてきています。

これにより生前に好きだったものであったり、仕事をしていたものなどを形として残すことが出来るようになっています。このような形を残すというのは、生きた証を残すことでもあり、また他とは違っtあものである為に違いを表現することが可能です。このようなものは、訪れる人が行きたいと感じるケースもあるので、従来のものに比べて訪問する頻度が高まります。

また携帯電話などをかざすと情報が出てくるサービスもあります。これにより墓石に書けない部分というのも知ることが可能となります。

このように現在はさまざまな墓があります。



http://www.nihonndoubutsusougireiennkyoukai.or.jp/
https://www.doshisha.ac.jp/information/history/neesima/graveyard.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei15/