img_01

無宗教者の葬儀について

多くの場合、信仰する宗教の教えに基づいた葬儀が行われます。

しかし最近では、どの宗教も信仰しない無宗教者も増えています。



これらの人々の葬儀では、無宗教葬が一般的です。
牧師や神父、僧侶などの宗教者を招かずに進められます。

基本的に宗教的な儀礼を排除します。自由葬や音楽葬などが無宗教葬に含まれます。これといった決まりがないので、生前から家族と葬儀について方法を話し合っていることも少なくありません。
祭壇には白木を用いないので、花をたくさん用意した生花祭壇が人気です。



故人が生前好きだった花を飾ることが多いです。
無宗教葬では、演奏者を招いて音楽を流したり、故人が生前に残したメッセージを残したりします。

故人の生前の希望によっては、質素で静かな葬儀になる場合もあります。



故人が愛用していた遺品を飾り、遺品に触れながら故人とお別れをします。

参列者が多いため、ホテルを貸し切って豪華に行うこともあります。

遠方の親戚は、ホテルを予約して無宗教葬が終わってホテルに1泊するのも珍しくありません。
無宗教葬のメリットは、どんなことをしてもいいので、故人や遺族の希望を自由に叶えられます。
また白木祭壇を使用しないので、費用を安く抑えられます。

予算に応じたプログラムを作成します。

しかし、花などをたくさん用意しすぎると費用がかえって高くなる場合もあります。

無宗教葬の内容によっては、生前に故人の同意が必要になることがあり、葬儀屋に相談しておくと良いです。